精神を安定させる

【あなたは大丈夫?】精神を安定させることの重要性

精神を安定させるには

リラックス

あなたは疲れないですか?とたまに聞かれることがあります。

 

朝から夕方までの仕事の後や、何回も起こされた夜勤明け日々には、確かに疲れがピークに来ます。それが隠しきれず、表情などに出てしまっているという人も。

 

肉体の疲労は、痛み、発熱とな何ら変わりません。体の三大アラームと言われているだけに、疲労を軽く考えてはいけません。

 

 

時代とともに、疲労の性質も変わってきているように思います。高度経済成長期は、肉体的な疲労が中心でした。

 

右肩上がりで収入もどんどん増えて希望が持てていたので精神的にも安定していて、体が辛くても頑張れたのです。

 

それが現代では、頑張ってもなかなか報われず、顧客上司の要求レベルは上がるばかり。

 

精神的なプレッシャーと閉塞感、将来に対する強い不安を感じている方も、少なくはありません。

 

人生の壁に負けてしまいそうな現代人ですが、疲労克服を目指す科学も、高度な医学から食事や運動などの生活習慣に至るまで、驚くほどのスピードで進化しています。

 

ここでは疲れを和らげる方法生活習慣から心理的アドバイスなどについて説明します。

 

参考論文や細かい点は大幅に省き、日常生活における具体的に実践できるように、アクションプログラムをできるだけ提案します。

 

勿論ここで紹介する全てを実践する必要はありません。これならできるかな、と思う人はまず一つやってみてください。

 

ぬるめのお風呂でリラックス

バスルーム

 

快眠には、車はよりぬるめのお風呂が良い

 

最近は、バスタブにお湯をはって入浴するという意味でのお風呂に入らない人が増えているようです

 

実は私も、いつの間にか朝シャワー派になってしまい、帰宅後のお風呂はあまり入らなくなってしまいました。

 

でも、日本人は何と言ってもお風呂の文化があります。眠りの質を高めて熟睡する方法のページでも紹介しましたが、寝る前すに体を温めることはよりよい眠りのために効果的なプログラムの一つです。

 

で心身に与えるリラックス効果をもちろん、身近に感じられる強力です。特に、ヨルムンなるメノ38度〜40度くらいの温度のお風呂は、疲れをほぐしてくれます。

 

ではどうしてぬるめのお風呂で、リラックスできるのでしょうか?

 

熱いお風呂は、交感神経を刺激してしまいます。交感神経の働きが強くなると、アドレナリンという物質が活発になります。

 

アドレナリンが血圧を上げたり脈拍を早くしたりします。疲れを癒すというよりは、これから仕事を始めようという戦闘態勢に入ってしまうのです。

 

これは今から寝ようという状態ではあまり合理的ではありません

 

今はシャワーをばかりの私ですが、以前やキノコ仕事をしていた時はぬるめのお風呂に入るのが習慣でした。

 

体の汚れを落とし、湯船で温まって疲れを癒します。もし、あなたもシャワー派なら、平日にせめて1週間に1回はお風呂に入ってみませんか?

 

全身浴が疲れるという方は、半身浴ても大丈夫です。半身浴の時も038度〜40度くらいのぬるま湯に20分〜30分の間ゆっくりとつかります。

 

半身浴の利点は、全身浴に比べて心臓や肺などで体の負担が少なくなることです。

 

半身浴なら、疲れていてもゆったりとした気持ちで安心して入浴することができます。足湯も簡単で負担の少ない入浴法です。

 

温泉に泊まりに行った時を思い出してみてください。夕方4時頃着いて正人風呂浴びる人がほとんどでしょう

 

それを考えても、食事前にお風呂、そして食事をとるという流れは一番リラックスできると思います。

 

お風呂に入る時、入った後の心がけ

 

入浴剤もせっかくのプロですから使ってみましょう。毎日頑張って働いているのですから、入浴剤ぐらいの背高許されるのではないでしょうか。

 

アロマセラピーはやってみたいけれど面倒くさいという方には、お風呂にアロマ系の人よく剤を入れれば、立派なアロマセラピーになります。

 

ラベンダーやカモミール、サンダルビットなど、リラックスに効果があるとされているから負けの入浴剤は、スローガンでもお店でもよくられています。

 

中電話お風呂の後は、体を急に冷やさないということです。

 

お風呂から出た後は幾らぬるめのお風呂といっても、交換神経は活発になっています。さらに覚せいしてしまうパソコンやゲームは控えてゆったり過ごし、1時間ほどリラックスしながら体を室温に慣らしてからベッドに入るのが一番疲れが取れ、良い睡眠の入口になるはずです。

 

寝つきがよくなる入浴法

  • 38度〜40度のちょっとぬるめのお風呂にゆっくり入る
  • 疲れてる時は半身浴、足湯も効果的
  • ラベンダーは、カモミールなどハード系の入浴剤を試してみる
  • 入浴した後は、急に体を冷やさないように注意する
  • 入浴が2パソコンやゲームに集中するのは控える

 

イライラした時はクールダウンを

ストレスを受ける女性

 

怒っているときの脳はどうなっているのか?

 

怒りの感情や行動はむかつく、気に食わないという、ネガティブな感情と関係が深いと言われています。この不愉快な感情は脳みその扁桃体という部分から起こります。

 

電車の中で騒いでいる酔っぱらいを見て、むかつくことはあるでしょう。

 

 

ただし穏やかに注意するならまだしも、おい、このやろう、静かにしろ!と、殴りかかったりするといった行動に移してしまうのは、自分を抑える力に何らかの問題がある証拠です

 

自分を抑える力…これは脳みその前頭葉という部分の機能に当たりますまある名前の通り、人間の大脳の額に近い前の方にある部分です。

 

前頭葉やま意欲や反対に倫理など、動物にはない人間らしい働きをするところが最大の特徴です。

 

過去に41人もの人を殺害した殺人者の同美園機能を調べた研究によると、彼らの脳みそは右側にある扁桃体の活動が活発になっていました。

 

そして扁桃体が活発に働いていた代わりに前頭葉の働きが低下していたことも事実です。前頭葉の働きが鈍ってしまうと、切り出しすくなってしまうことは数多くの研究であつ明らかな事実となってます。

 

 

怒りをコントロールする三つの方法

 

脳科学から言えることは、怒りを抑える力にはかなりの個人差が存在することです。脳機能や化学物質、出井氏が人によってそれぞれ異なるからです。

 

しかし人間は、学習や経験に怒りを抑える、理想的には持たないようにしていくことが可能な生き物です。

 

怒りをコントロールするために日常でできること、やってはいけないことを書き出してみましょう。

 

怒り=マイナス感情、と書きました。むかつく気持ちは、自分なかったらしくても他人が間違っていると心のどこかで思い込んでいることの証です。

 

自分は絶対に正しいわけではない、と客観化を常に心がけ、客観日間難しければ、適度なマイナス思考を使ってみましょう。

 

どうせうまくはいかないと深刻にならない程度に考えることで、自分を中心から少し外に置くことができます。精神科医の先生は仕事でしばらく怒りという感情とダイレクトに向き合うことがあります

 

その時は怒りはその人のものではない.症状なんだ!と自分に強く言い聞かせる人もいるそうです。怒っている人を評価するのではなく怒りという症状にとらわれている人を評価する、ということらしいです。

 

そこを間違えてあなたはこうするべきだ!と感情をこちらもむき出しにして怒りと向き合ってしまうと患者の怒りは山火事のようにますます広がって勢いを増してしまうからです。

 

客観化に外にも、怒りを感じたときに心で書きるべきことを二つ上げていきましょう。

 

 

目標の再確認

 

一つ目は自分の達成目標を再確認することです。以下には、やり遂げることの大きな障害物です。

 

自制心が怪しくなったら自分が何を達成したいかを問いかけることです。二つ目は怒りのうまく相手に伝える技術を身につけることです。

 

怒りに震えているときは、いつも通り振る舞ってしまうのか一番なのですがそれはなかなか難しいことです。

 

そこで、ほんの少しだけ怒りを小出しにして正直に伝えるのもコミュニケーションの一つといえるでしょう。

 

逆に、避けるべきこともあります。一つ目は先程も書きましたが相手の怒りと正面衝突をしないということです。

 

期待しすぎない

 

二つ目は、相手に対する要求水準を高くしすぎないということです。

 

つまり、他人に求めすぎない、ということですね。三つ目は、一般的に非難ばかりしないことです。

 

相手にも言い分があると想像して、積極的な機器でできることを意識するのは、コミニケーションでは欠かせない日々です。

 

怒りのコントロールして他人と協力つき合っていくのも人が人生を良くする上では欠かせないでしょう。

 

頭の中に存在する扁桃体のしっかりコントロールする勉強を我々は日々行っているわけです。怒りにとらわれて事故機のニコチンてる人も過ぎ飲む目標に向かってまた勉強してみましょう。

 

むかついた時のクールダウン方法

 

  • トイレに行く、呼吸を深くする、お茶を飲む、などの休憩をする
  • 何を成し遂げたいかを思い出し、自分の達成目標を再確認する
  • 相手に対する期待値を下げるなど、適度にマイナス思考を採り入れる
  • 縁が一時的な症状だと理解して力ずくでおこ採用としない小出しにする
  • 以下にとらわれている人との正面衝突は絶対に避ける
  • 相手の言い分にも必ず耳を傾け盗人にも3分の2を思い出す

 

疲れていると扁桃体の活動が活発になってイライラが強まり同時に怒りを抑える前頭葉の活動も低下します。

 

疲れて怒りっぽくなるのは脳のメカニズムの吸い慣れです。仕事で忙しくてついつい家族にあたってしまうという人はそれはある意味仕方のないことなのです。

 

そんなとき、ついつい溜息ばかりが出てしまいますが、たまには肩の力を抜いて自己嫌悪に陥るのはやめてみませんか?

 

そして疲れを取り除くために適度に日常生活の中に休憩を取り入れるようにしてみてください。

 

 

些細なことですが、もしかしたらコレが生活改善のキッカケになるかもしれませんね。


 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 

リラクミンse情報まとめ