【体験談】まさか自分が不眠症に苦しめられるだなんて

【体験談】まさか自分が不眠症に苦しめられるだなんて……

不眠症に苦しめられた(Y・Mさん 40代)

不眠の悩み体験談

 

Y・Mさん 40代
埼玉県 会社員

 

※写真は後日頂いて掲載します

現代人の私達が一度は経験のある不眠。

 

毎日不眠の方もいらっしゃいますし、悩んでしまい、その日の夜は眠れなくなってしまったというかたもきっと多いのでは無いでしょうか。

 

かくいう私も、去年から不眠症になってしまい、夜寝るときが前より大変になってしまいました。

 

今回はそんな不眠に関する体験談を書いていこうと思います。

 

 

まさか自分が不眠症になるだなんて

私が不眠になったのは、去年の春です。

 

当時私は体調不良になる日が多く、仕事での悩みも多く、なかなか夜が寝付けなくなってしまっていました。

 

そんな中、気付いた時には不眠症になっていってしまったのです。

 

人間は食事が食べれて、睡眠を十分に摂ることができれば、健康に過ごせるようですが、私は、食事も仕事のストレスでなかなか摂ることができなくなり、ついに睡眠もなかなか思うようにぐっすり熟睡することができなくなりました。

 

現在では、睡眠薬のお薬を毎日飲んでいれば、8〜10時間は睡眠が出来るようになりました。

 

なので、症状は大分回復しました。

 

体調も当時は、良くない日が多かったのですが、睡眠が徐々に出来るようになってからは、同時に段々良くなっていきました。

 

なので、睡眠は体を作っていく中で重要な生活動作なのだなと思い実感しました。

 

今は寝れるようになって、新しい仕事も出来ている状態です。今の職場は働きやすく、働きはじめてもうすぐ1年になります。

 

なので、職場の環境も慣れてきて、ストレスもあまり感じなくなりました。

 

そういったこともあり、夜ちゃんと寝れるようになったのかもしれません。

 

 

不眠症の時は、睡眠薬を飲んでもなかなか寝付けず、夜寝ることが苦痛で仕方ありませんでした。

 

なので、あの時は正直しんどかったです。

 

私が、不眠症から抜け出せたコツは、夜寝る前にあれこれ頭で色々考えることをなくしました。

 

夜に色々と悩んでしまうと、悪夢を見たり、真夜中に途中で起きてしまったりすると本に書いてあり、悩んでしまっても無理矢理にでも考えをシャットアウトして、頭の中を真っ白にする事をしています。

 

そうすると、頭がクリーンになり、寝付きやすくなりました。

 

後は、夜寝る前にクラッシック音楽もたまに聞いたりしています。

 

クラシックは、聞いていると、癒やされますし、頭の中もゆっくり解きほぐしてくれるような気持ちになります。

 

なので、クラシック音楽を聞くことも個人的にオススメです。

 

以上が不眠に関する体験談でした。これも一つの参考にしていただければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

リラクミンse情報まとめ

関連ページ

激務で不眠に・・
世間では何かと話題になる残業。今でこそ徐々にそれを減らそうという機運が高まりつつありますが、末端までそれが伝わり切るのはだいぶ先になりそうです。ここではそんな残業や激務のせいで不眠の憂き目にあっているATさんの体験談をご紹介します。
遺伝が原因で不眠状態の私
不眠トラブルには様々な原因が考えられます。精神的ストレスだったり、肉体的疲労だったり、原因は人それぞれです。ここでは遺伝が原因で不眠に悩まされたKHさんの例をご紹介します。
不眠と育児ノイローゼに悩まされ
今でこそ育メンなんて言葉が作られるようになりましたが、依然として育児は男性より女性の仕事であることは否めません。肉体的にも精神的にも大変な育児はストレスも多く、それを起因として不眠にまで発展してしまうこともあります。ここではそんな育児を理由に不眠に悩んでいたENさんの体験談をご紹介します。
さっさと寝ることで酒断ちに成功
生活の中でストレスなどがあるとついついお酒の力に頼りたくなる瞬間がありますよね。体に良くないと分かっていても止められないお酒は依存性のリスクもあり、危険なのですが、本人もそれは分かっていても中々やめるのが難しいのが難点です。ここではお酒に振り回されていたSOさんの体験談をご紹介します。